SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日本人の国際結婚 

〜カナダからの報告〜
<< 「レオニー」の松井監督をトロントへ | main | 謹賀新年 松井監督へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
松井久子監督来年6月トロントに/新刊書紹介
 
一年間の私の篤いラブコールが実り、松井久子監督が映画「レオニー」を携えて来年6月にトロントの来られることが決まった!

当市郊外にある日系文化会館(Japanese Canadian Curutural Centre-通称JCCC)で、新しく立ち上げるイベントの日本映画祭(Toronto Japanese Film Festival-TJFF)に参加されるためである。

今までは、このブログの経過を見て頂いても分かるように、私が個人的に松井監督にアプローチしていた。だが来年から毎年行なう予定であるこのJCCCの映画祭をきっかけに、JCCCが招くと言う形にお願いしたのである。

トロントで行なわれるToronto International Film Festival (TIFF)は年を追うごとに名を知られるようになっているが、選考される日本の映画はやはり限られる。

そこでもっと最近作られた日本映画をトロントの人たちに見て貰おうと、こうしたイベントを立ち上げることになったようだ。
こけら落としに松井監督が来られるのであれば、又とない記念になることだろう。

私も一年間の努力が実って本当に嬉しい。
そのニュースはこんな風なメールによって1週間ほど前に届いた。
「〜前略〜

先ほどロスのプロデューサーより連絡が入り、JCCCの映画祭で
『レオニー』を上映して頂く件、ようやくOKの返事が来ました。
後ほど、プロデューサーの方から、JCCC当てにその旨のメールをお送りすることになっています。

〜中略〜
宮松さんの熱心なご協力のお蔭で、ようやくトロントで『レオニー』の
上映ができると思うと本当に嬉しいです。
長い間ありがとうございました。
いずれ近いうちにお会いして、ゆっくりお礼を申し上げるのを楽しみに…
クリスマスも間近に迫ってお忙しい毎日でしょうが、どうぞ
お風邪など召しませんよう、お元気でお過ごしくださいませ」

この嬉しいニュースに追い打ちをかけるように、監督の新刊書発売のお知らせが以下のように届いた。

「皆さま(BCCで失礼します)

お元気でいらっしゃいますか?

すっかりご無沙汰してしまいましたが、今年は震災直後から
毎回後ろ髪を引かれる思いで日米の往復を重ね、10月末に
ようやく海外版が完成。念願だった世界マーケットに向けて
順調な船出をしたところです。
長い間の応援、本当にありがとうございました。

そして、この秋からは7年ぶりに単行本執筆のお話をいただき、
その本が本日発売となりました。
 
『ソリストの思考術/松井久子の生きる力』(六耀社刊)

作品を作る者は「生き方本」など書くべきではないとが持論でしたのに
表紙もタイトルも、こんなことになってしまって…お恥ずかしい限りです。
でも、出版されたからには売らねばなりません(笑)
ご興味のありそうな方にご紹介頂けたら幸いです。

〜中略〜


松井久子の本

そして来年こそ、できる限りの被災地支援と、お世話になった皆さまと旧交を温めたいと思っています。

どうぞお健やかに、良いお年をお迎えください。

松井久子」

〜*〜*〜*〜*〜

日本で私のブログをお読み下さっている読者の方たちはどうぞ一人でも多くの方がお求めになることを願っています。

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村
| - | 05:18 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 05:18 | - | - | pookmark |